世界の鋳造に貢献する米谷製作所の金型先進技術

金型解析技術

自動車用エンジン鋳造型を製作する当社では、製品設計の段階において、
型製作や造形時の問題をフロントローディングし、金型の完成度向上を図る目的で
流動、凝固、熱伝導、熱応力、強度、粒子流動といった各種解析に
積極的に取り組んでいます。

 また得られた解析結果については、自社内のマシンによる検証を行い、
結果を設計工程へフィードバックすることにより、製品品質を高めています。
金型製作だけではない金型屋ならではの解析技術がここにあります。

解析の紹介

1

鋳造解析(流動・凝固)…

鋳造欠陥の位置及びその大きさを
予測します

■ 解析ソフト MAGMA 、TopCAST

 
2

熱伝導解析…

金型内部の熱の伝導性を調査します

■ 解析ソフト Patran 、Nastran

3

熱応力解析…

熱応力による型割れや応力集中部位を予測します

■ 解析ソフト Patran 、Nastran

4

粒子流動解析…

コールドボックス・シェル砂の充填不良や
ブロー配置バランスを調査します

■ 解析ソフト Arena−Flow

 
事業内容へ コールド・シェル砂充填解析へ